「ふるさとの優れた先人に学ぶ」作文コンクール

第9回「ふるさとの優れた先人に学ぶ」作文コンクール(富山県教育委員会主催)に応募した本校6年生、中村真結さんの作品が、優秀賞に選ばれました。ここに、紹介します。

 

富山のすばらしさを教えてくれた人

高岡市立博労小学校 6年 中村 真結

「しなざかる 越に五年(いつとせ) 住み住みて 立ち別れまく 惜しき初夜(よい)かも」

この歌は、奈良時代の歌人・大伴家持が越中(富山)で最後によんだ歌です。私は、家持が生涯でよんだ歌の中でも、この歌がいちばん好きです。なぜ好きなのかというと、この歌から、「越中は本当にすばらしい所だ。ここを離れたくない」という家持の強い思いが伝わってくるからです。

そこまで家持をとりこにした、越中の魅力とは何だったのでしょうか。

私は、三千メートル級の山や海をもたない、奈良という都で育った家持の目に、越中のそびえ立つ山、そして広大な海はどれほど雄大で美しく映ったことか想像してみました。

遠い奈良時代の越中の国、富山はどのようなところだったのか、家持の気持ちになってまぶたを閉じてみました。すると、私の頭の中に浮かんでくるのはやっぱり、雪化粧した立山連峰、そしてその前に広がる雨晴の海という景色でした。これは、家持が見た景色と同じかどうかは分かりません。でも、家持もきっとこの景色を見たはずだと思える歌があります。

「馬並めて いざうち行かな 渋渓の 清き磯廻(いそみ)に 寄する波見に」

私は、千三百年以上の昔も今も、越中の美しさは変わらないのだと家持に教えられている気がしました。家持に、越中の本当に大切にしなければならない宝は、この山と海という自然なんだよと、歌を通して語りかけられているように思えてなりません。

今年、雨晴に「道の駅」ができました。私は、夏休み、道の駅の前を通りかかったときがありました。そこには、多くの県民や観光客が訪れ、とてもにぎわっていました。やっと、この景色のすばらしさをより多くの人に発信できるチャンスをもらった気分です。私は、家持の思いが千三百年以上の時を経て、今やっと叶ったんだな、と感じています。本当に富山の自然を誇りに思う気持ちを、千三百年分ワープして家持と共有し、いっしょに喜び合いたいです。

私は、万葉集が大好きです。万葉かるた大会には毎年出場していますが、今年は小学校生活最後として出ることを決意しました。そこで、夏休みには、万葉集のことを調べておられる京田先生の講演会に行きました。自分では家持のことをよく知っていると思っていたのに、京田先生の話はどれも新鮮でした。私は、「家持や万葉集がただ好きなだけでは、意味がないんだ」と思い知らされました。何も知らずに大会に挑もうなんて思っている自分がはずかしいです。

私にとって家持は、富山県がほこる、とてもすばらしい人物です。そして、私に、富山の良さを教えてくれた人でもあります。これから、大人になって、富山を離れることがあるかもしれません。また、辛いとき、夢をあきらめそうになることも何度もあるでしょう。そんな時は、ふるさと富山の雄大な景色を思い出したいと思います。富山県のすばらしい景色は、家持を魅りょうしたときのように、これからもずっと私を支え続けることでしょう。

学校保健委員会

「背筋を伸ばして健康な博労っ子を目指そう」をテーマに、学校保健委員会を開催しました。初めに保健委員会の児童が、「グーチョキ足ペッタン週間」や「姿勢いいねカード」等、委員会での取組について発表をしました。その後、学校医の千羽先生から、「姿勢が目に与える影響」について、資料を使って分かりやすく教えていただきました。

ちなみに、数多くの動物がいるこの地球上で、視力の優れた動物ベスト5は?

5位 類人猿   4位 カメレオン(30m先にいるアリが見えるそうです)

3位 マサイ族  2位 キリン  1位は・・・

ダチョウ(40m先のアリが見えるそうで、視力にすれば25!だそうです)

できることをちゃんとして、大切な目を守っていきましょう。

 

こども能楽ふれあい教室

11月16日にこども能楽ふれあい教室がありました。能についての説明の後、舞囃子「船弁慶」を鑑賞しました。それから、ワークショップ形式で体験学習をしました。体験したものは、①仕舞 ②謡 ③大鼓 ④小鼓 ⑤笛・能管 ⑥太鼓の6つです。その中から一人2つを選択して体験しました。子どもたちは、お面をすると視界が狭まる感覚や、鼓を鳴らす難しさなどを体感することができました。

学習参観・学年(学級)懇談会

  

学習参観を行いました。たくさんの保護者の皆様に見つめられ、子供たちは張りきって学習に取り組みました。

その後、各学年(学級)で懇談会を行い、最近の子供たちの様子や家庭での様子について話し合いました。保護者の皆様には、ご多用のところ来校いただき、ありがとうございました。

4年 総合「STOP地球温暖化」

11月13日(火)5限

4年生は、総合「STOP 地球温暖化」の取組について学習しました。とやま環境財団の方々から、地球温暖化防止について、今までの取組に加えて、これからの季節に生かせる取組等、クイズも交えてお話していただきました。

子供たちは、初めて知ることも多く、地球温暖化が進むとどんな事が起きるのか、自分たちには何ができるのかを改めて考えました。

4年 親子活動

11月10日(土)

親子活動で「親子ヨガ」が行われました。

初めての子供も経験のある子供も、保護者の方々と一緒に体を動かしたり触れあったりして、楽しい時間を過ごしました。

最後はクラスごとに、大きな円になり、ゆっくりとヨガを行いました。

 

 

 

 

 

2年 町たんけん③

町探検第三弾として、別府湯、トワイスに行ってきました。別府湯は校下に昔からある銭湯です。外見は古いですが、気持ちのよいお風呂が3種類もあるということを紹介してくださいました。

トワイスは、K君のおじいちゃんが営まれている喫茶店です。店内はとても広く、70席程の座席があります。今日は特別に珈琲の焙煎機を見学させていただきました。K君のお父さんは、つきっきりで機械の操作をしておられました。焙煎が終わると珈琲の香ばしい香りに包まれました。焙煎することで白い豆が焦げ茶色の豆に変わることを初めて知った子どもたちもいました。

 

帰りは、鯉やカモが泳ぐ千保川沿いを通って帰ってきました。木々が赤く色づいて、秋の深まりが感じられました。

校外学習で金沢に行ってきました!

第6学年は、校外学習で金沢に行ってきました。金沢に向かう道中は雨天で心配でした。しかし、到着した頃には雨もほとんど止み、お昼頃には秋晴れとなりました。11月とは思えない程の暖かさで、気持ちが良かったです。武家屋敷跡や金沢城公園、歴史博物館を見学し、どっぷりと歴史に親しんだ一日でした。

4年 終日校外学習

11月9日(金)

4年生は、終日校外学習で、富山市科学博物館とワンダーラボを訪ねました。

富山市科学博物館では、プラネタリウムを観たり館内を見学したりして、自然科学や宇宙について学びました。次に訪ねたワンダーラボでは、電気の不思議について体験したり、液体窒素の実験を通して、物体は冷やされるとどうなるのかを学んだりしました。