詩のひろば

         

司書さんが、いつも図書室前に素敵な詩を掲示してくださっています。今回は、須永博士さんの「ともだち」です。

詩は、短い中に本当だなと共感したり、くすっと笑ったりすることができるので、素敵です。

4年生の掲示板には、国語科で学習した、くどうなおこさんの「のはらうた」をまねて、4年生の子供たちが書いた詩が貼ってあります。「雪 ともろう」や「ぽかぽか こねこ」等と上手に作者名も付けて書いてあり、感心しました。

 

 

 

大縄跳びの練習

今週は、長休みや昼休みに各色団で大縄跳びを練習しています。上級生や先生方に大縄に入るタイミングや出る方向等をアドバイスしてもらっています。

3分間に跳べた回数も伸びてます。

大会では、低、中、高学年別に体育の時間を使って色別で大縄跳びの回数を競います。それが、元気キッズ2019の得点に加算されます。

        

赤い羽根共同募金のご協力ありがとうございました

  ←「運営委員会だより」

2学期末に運営委員会が中心となり、赤い羽根共同募金を呼びかけました。14日に回収したところ、子供たちは、それぞれお小遣いやお年玉の一部等をドラえもんの貯金箱に入れてもってきてくれました。

集計したところ、募金総額は、31,699円でした。

赤い羽根共同募金は、次の3つのことに使われます。①自分の住んでいる町をよくする。②お年寄りや障がいのある人等、助けが必要な人たちのために役立てる。③災害のときには、「災害ボランティアセンター」の運営に使う。

みなさんのご協力、ありがとうございました。

3学期の委員会活動スタート

1月とは思えない、雪のない暖かな日が続いています。

3学期始めての委員会活動がありました。各委員会では、常時活動を行ったり、今後の予定や分担等について話し合ったりしました。

飼育栽培委員は、晴れていたので、花壇の草むしりをすることができました。給食委員は、給食週間に全校に流すビデオ撮りをしました。

     

なわとび紹介集会

なかよしタイムに、運動委員会主催のなわとび紹介集会がありました。

始めに、「元気キッズ2019」の2学期末現在のポイントが発表されました。現在1位は、赤団と青団で、9ポイントです。3位は、白団と黄団で8ポイントです。3学期のなわとび大会の結果で、「元気キッズ2019」の最終順位が決まることが伝えられました。

次に、なわとび名人による各種目の跳び方紹介や大縄跳びの披露がありました。

最後に、各団の団長からの話があり、団結コールを行って、なわとび大会に向けてがんばる気持ちを高めました。

                      

落ち葉拾いボランティア

きれいに色づいた葉も落ち始めました。冬へと時が流れています。

環境美化委員会では、学校のまわりに落ちている葉を全校で拾って、気持ちのよい学校にしようというボランティア活動を企画しました。

9月の栽培委員会の草むしりボランティアと同様に、たくさんの児童が落ち葉拾いに参加してくれました。

おかげで、きれいになりました。みなさん、ありがとう。

最後に、環境美化委員会の児童が、落ち葉を入れたたくさんの袋を運びました。

    

 

 

小中合同さわやかあいさつ運動

           

11月28日は、南星中学校と博労小学校の小中合同さわやかあいさつ運動が行われました。

寒くなりましたが、中学校の先輩や本校の運営委員、両校の教員に「おはようございます」と声をかけられ、「おはようございます」と返すうちに、表情も柔らかく、心も温かくなったようです。

挨拶は、人と人をつなぐ第一歩。だれに対しても笑顔で挨拶ができるようになるようにしたいですね。

放送体験企画 

11月11日から20日まで、放送委員会では、全校児童に放送の仕事を知ってもらおうと放送体験を企画しました。

「これからお昼の放送を始めます」「委員会からのお知らせです」等の短い文ですが、マイクの前で話すのは緊張します。1年生から4年生までの各クラスで放送体験の代表に選ばれた児童は、練習して担当の日に放送をすることができました。

放送委員会の児童は、毎日の決まっている放送だけではなく、クイズやなぞなぞをしたり、音楽をかけたりするなど、みんなに楽しんでもらえるようにがんばっています。

    

 

 

図書委員会読書ビンゴ

         

図書委員会では、読書ビンゴを実施しています。中・高学年のビンゴ表はラベル番号の数字を記入し、いろいろな分野の本に興味をもてるようにされています。

お父さんやお母さんがお子さんと読書について会話(例えば小さい頃に読んだ本、今話題の本等)することが読書への興味・関心を高めることにつながるのではないかと思います。

富山県食育推進月間クイズラリー

     

11月は、富山県食育推進月間です。給食委員会では、楽しく「食」について学べるようにクイズラリーを企画しました。

給食委員が、各クラスにお知らせに行ったり、考えたクイズを校内のあちこちに掲示したりしました。

子供たちは、早速、長休みや昼休みに、解答用紙をもってクイズに挑戦していました。解答の締め切りは、22日です。

「食べる」という字は、人を良くすると書きます。ご家庭でも「食」について家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。