思い出の卒業ランチ

ランチルームで、6年生が楽しみにしていた卒業ランチがありました。

校長先生、教頭先生をはじめ、養護教諭、通級指導教諭、教科でお世話になった先生、今までに担任していただいた先生を招待して、一緒に会食しました。いつもは一緒に食べることのない先生方と同じテーブルで食べたり、ナイフとフォークを使って食べたりするなど、子供たちは少し緊張気味でしたが、徐々に慣れてきて、楽しく会食できました。

また、ハンバーグステーキやショートケーキ、紅茶等、普段の給食にはない献立に、児童たちは大喜びでした。

子供たちにとって、思い出に残る卒業ランチになったことでしょう。この卒業ランチのために準備や調理をしてくださった栄養士、調理員の皆様には、感謝の一言に尽きます。ありがとうございました。

ありがとう六年生 夢に向かってはばたけ集会

「ありがとう六年生 夢に向かってはばたけ集会(卒業を祝う会)」がありました。

今までお世話になった六年生の卒業を祝うため、五年生と実行委員会が中心となって集会の準備をしてきました。

一年生は、六年生と手をつないで入退場をしました。また、似顔絵も描きました。

 

二年生は、招待状を作りました。六年生は、招待状大事に持ちながら入場しました。

三年生は、六年生一人ひとりに感謝の呼びかけをしました。また、全校ダンス「U・S・A」も企画してくれました。毎日の練習の成果を発揮して、楽しく踊ることができました。

 

 

四年生は、手作りフォトフレームをプレゼントしました。感謝の気持ちがこもったかわいいプレゼントでした。

五年生は、六年間の思い出を振り返る劇をしました。話題のチコちゃんを中心に会場を沸かせていました。

  

集会の中で、委員会の引き継ぎも行われました。六年生から委員会のファイルを引き継ぎ、五年生のリーダーとしての意識も高まったようです。

全校合唱は、「Blieve」でした。綺麗な歌声が会場に響き渡りました。

 

集会も終盤。六年生からのお返しに「たいせつなもの」のサプライズ合唱がありました。最高学年にふさわしいきれいな歌声でした。

それぞれの学年が感謝を伝え合うあたたかい集会でした。六年生の学校生活も残り11日間です。悔いの無いよう精一杯学校生活を楽しんでほしいと思います。