6年 石けんで手を洗おう!

インフルエンザ流行の時期を前に、養護教諭の協力を得て、手洗いの重要性を再確認する学級活動を行いました。
これから流行する病気を想起し、その原因菌を身体に入れないために、どうすればよいか考えました。
水で簡単に手洗いすることは逆に菌が増えることを知り、石けんを使ってしっかり洗うことの大切さを確認したら、自分たちの手洗いがどの程度きちんとできているか試してみました。
  
紫外線で発光するクリームを塗って乾かしてから、石けんを付けて手洗いすると、きれいに洗ったつもりでも爪の先や親指の股等に洗い残しが見つかりました。
風邪や食中毒への感染を防ぐため、これからもしっかり丁寧な手洗いを心掛けていきます。