3年 校外学習に行ってきました

10月27日(金)3年生は、バスに乗り校外学習に行ってきました。

まずは、広又かまぼこ商店へ行きました。3年生は社会科で工場の勉強をしているため、かまぼこを作っている工場を見学しました。動物の型をとった白いかまぼこの上に、さらに食紅で色を付けたかまぼこを手作業で描き、きりんやパンダ、ブタなどのかまぼこを作っておられました。
 
また、作り方の手順やかまぼこの名前の由来、「スケトウダラ」という魚から出来ていることなど・・・ 子供たちは興味を持って話を聴いていました。
  
出来たてあつあつのかまぼこは、と~ってもおいしかったです。
富山県でも有名なかまぼこ。美味しいかまぼこの秘密をたくさん教えて下さいました。

次に、万葉小学校へ行きました。万葉小学校の3年生との交流会で、万葉のじまんをたくさん教えてもらいました。また、ゲームや歌などで、仲を深めることができました。
  
次は博労小学校へご招待します!楽しみですね。

3年 学習発表会に向けて!

作品「光の塔」作りや、劇「サウンドオブミュージック」の練習に励んでいます。

作品作りでは、高~い塔や、細長~い塔といろいろ考えて、ペットボトル等を組み立てました。今度は、そのペットボトルに白い紙粘土をつけていきます。それぞれどんな塔が建つのかお楽しみに!!!

 

劇の練習では、お腹の底から声を出し、大きな動作で演技をすることを意識しています。また、題名の通り、歌がたくさん出てくるこの劇。口を縦に大~きく開けて、きれいな声を出せるように毎日練習しています。
 
当日に向けて「なかまとチャレンジ!」♪ 頑張るぞ~!!!

3年 親子活動

10月7日(土)に3年の親子活動が博労小学校の体育館で行われました。
元気いっぱいな3年生!怪我のないように、ラジオ体操から始まりました。

始めに大縄とびをしました。色団ごとに分かれて競いました。
保護者の方が縄を回してくださいました。子供たちは跳ぶときの並び方を考えたり、掛声を合わせて跳んだりしました。
 

次に、ころがしドッヂボールをしました。ボールの数がどんどん増えていきます。みんな転がってきたボールに当たらないように真剣でした。

親子で一緒に楽しく身体を動かすことで、有意義な時間を過ごすことができました。
皆さん、お家に帰ってストレッチはされましたか?!!

3年 ドッヂボール大会

教育実習生さんが博労小学校におられるのも、あとわずかになりました。
そこで3年生が企画した、ドッヂボール大会。

アーチを作り、お出迎えしました。

どの団も一生懸命戦いました。最後に行った1組VS2組の試合は、とても白熱していました。

子供たちは感謝の言葉を伝え、教育実習生さんからも言葉をもらいました。

3年生みんなが協力し、とても楽しいドッヂボール大会になりました。

3年 バロー見学

9月20日(水)3年生は社会科の学習で、バロー木津店に見学に行きました。

スーパーで働く人の仕事や、店内にはお客さんが買い物をしやすいいろんなひみつがあることをたくさん見つけていました。
 

普段は見ることのできないバックヤードにも入らせていただき、そこで働いている方の仕事の様子を見ることができました。
 

お店の人に、進んでインタビューをする様子も見られました。丁寧に答えてくださり、とても嬉しそうでした。バローでたっぷり学んできた3年生でした。これからの生活や学習に生かしていけたらよいですね。
 

3年 リコーダー講習会

9月14日、3年生は、リコーダー講習会に参加しました。

東京から来られた講師の方のリコーダー演奏を聴いたり、リコーダーを上手に演奏するコツを学んだりしました。
演奏曲は子供たちが知っている曲ばかりで、演奏に合わせて歌って楽しむ姿も見られました。
また、いろんな大きさのリコーダーが紹介され、子供たちは興味津々でした。

 

 

教育実習一日目

今日から教育実習生が3週間の実習を行います。
初日は、スケッチブックを使って、クイズ形式で自己紹介をしました。ヒントの絵を見ながら子供たちは元気よく答えました。
3年1組のクラスでは、自己紹介やフルーツバスケットをして交流しました。子供たちは嬉しそうに話をしたり、ゲームをしたりしていました。

七夕ドッジボール大会(1~4年)

3年生が企画した「七夕ドッジボール大会」が2限に行われました。

初めに、2年生の代表が前に出て各団ごとに団結コールを行った後、試合開始となりました。

 

体育館の前半分のコートで、3・4年生、後ろ半分で1・2年生の試合が行われました。

 

最後に結果発表があり、

1・2年生の1位は、黄団、2位が赤団、

3・4年生の1位は、黄団、2位が赤団と青団でした。

 

異学年でドッジボールをする機会は滅多にないので、子供たちは勝っても負けても大満足のようでした。